ゲーム開発・ネットワーク・システム開発・ITに関する資格スクールは15年の実績を持つシステムアーキテクチュアナレッジ

合同研修メニュー

新卒社員向けR-PBL JAVA開発者研修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAK自信の教育手法 「R-PBL」

新入社員向けR-PBL JAVA開発者研修01 R-PBLはReverse Project Based Learning。SAKが技術者を育てる方法として、独自で考案した教育手法です。従来型のPBLのデメリットを打消し、ベテラン技術者が新人技術者に受けてほしい研修を合言葉に2014年春研修より導入された教育手法です。導入以来、「新入社員が技術に大きな興味を持ってくれる」など 大変ご好評を頂いております。

R-PBLの流れ

既存のサンプルコードを追う開発者研修の問題として、実践力がなかなか身につかないという問題がありました。積極性のない受講生がサンプルコードをなぞり、できた気になってしまうからです。そこでよく採用されるのが、プロジェクトを疑似体験できるというPBL方式の研修なのですが、開発者研修にこれをそのまま取り入れてもうまくいきません。なぜなら新人が、開発プロジェクトでやれることがあまりにも少ないからです。 そこでSAKでは、まず最初に開発業務を逆流体験させます。(Reverse)具体的にはサンプルソースを追わせた後に、そのソースの設計書やプロジェクト上での立ち位置などを教えます。プロジェクトの全体像を理解させながら、基本的な文法を教え込んでいきます。 一つのシステムをサンプルソースとして、解釈をさせたのちに、PBL形式にて、プロジェクト疑似体験を行います。 この方法により、知識と実践を両立した学習を可能としています。

調べて解決できる技術者育成

新入社員向けR-PBL JAVA開発者研修02 受講生からの質問は解決するまで、しっかりとフォローします。ですが単純に答えを教えてあげるだけではなく、疑問・問題の解決に対してどの様にアプローチを行い、解決に近づけることができるのか?に主眼を置いた指導を行っています。

人材育成をトータルにサポートします

研修が良いのは当たり前に実現すべき責任だと考え、研修前後の報告・サポートにもしっかりと力を入れています。
助成金サポート
企業様の研修コストを大幅に下げる事のできる、各種助成金について、多数の研修実施・申請のノウハウを生かし、全面サポートを行っています。
研修終了レポート
講師が受講生それぞれをしっかり見守り、研修中の様子をレポートにてお納めします。ご希望の企業様には中間地点でのレポート提出など、柔軟に対応させて頂いています。
学習ラボをご用意しています。
熱意とやる気にあふれる新卒社員研修では毎年、熱心な生徒が研修後スクールで勉強したいと居残りを希望されます。SAKではその様なやる気にお応えすべく、講師常駐の学習ラボを夜22:00まで開放しています。予習・復習・質疑応答など、御社員のやる気を大切にします。

2019年春研修実施要項

研修名 2020年新卒社員様向けR-PBL開発者研修
研修費 600,000円 (おひとりから受講可能)
研修期間 2020年4月6日~2020年5月29日(秋葉原) ※このほかにもクラス新設可能ですので、お早目にご相談ください。
募集締切 空席がなくなりしだい終了とさせて頂きます。

icon-pencil-square カリキュラムや研修概要を記載した詳細資料をお届け致します。

当校研修の雰囲気を見ていただけるパンフレットをダウンロード頂けます。 各講座の詳細カリキュラムや概要資料をお求めの場合、下記リンクよりお問い合わせください。 電子データで1営業日以内にお届け差し上げます。

icon-pencil-square 企業様ごとに研修スタイルを変更!

社員人数に合わせて研修スタイルを変更できます。お気軽にお問い合わせください!
合同研修
カスタマイズ研修

関連記事