ゲーム開発・ネットワーク・システム開発・ITに関する資格スクールは15年の実績を持つシステムアーキテクチュアナレッジ

新宿校

秋葉原校

新宿校

秋葉原校

法人研修

助成金を利用した研修の例

各種助成金を利用した人材育成のご提案

ご存知でしょうか?! 御社の更なる反映に必要な人材の能力向上。 これを可能とする教育訓練を実施する際に 各種助成金を活用して費用負担を軽減することができます。

助成金の種類と支給要件について

【中小企業雇用安定助成金】【雇用調整助成金】 【キャリア形成促進助成金】など 助成金にはいくつかの種類があり、支給要件、支給額、手続きなどに 違いがあります。 SAKでは企業ご担当者様の負担を軽減するために 教育計画策定→申請→支給→教育開始までの コンサルティングを実施しています。

助成金を利用した研修の例01

助成金支給額例

中小企業緊急雇用安定助成金の場合 (雇用調整助成金の場合係数が変わります)

平成19年度の支払総資金(雇用保険加入者)ーーー3,900万円
その期間の雇用保険加入者(平均値)ーーーーーー10名
その期間の総労働日数ーーーーーーーーーーーーー260日
労使協定で定めた休業手当の支給率ーーーーーーー7割の場合(※)
※最低基準は6割になります。
1.3,900万円÷10名÷260日=15,000円
  従業員1名、1日当たりの賃金算定
2.15,000円×7割=10,500円
  休業時の支払額算定
3.10,500円×8割=8,400円
  助成金支給率4/5を掛けた支給算額定
※3の支給額が上限額7,730円より高いので、
支払い額単価は7,730円/1日(上限額)で決定
さらに教育を行う事で一人一日あたり6,000円が受給できるため、従業員一人を一ヶ月休業させ教育訓練を施す場合
(7,730円+6,000円)×1人×30日=411,900円が受給できます。

各種助成金支給の可否や額については教育カリキュラム内容や法改正等で変動致します。 詳しくは弊社担当までお気軽にお問い合わせ下さい。

SAK教育訓練メニュー

御社実務を反映したカリキュラム作成も可能です。ご希望の場合はご相談下さい。

様々な業種の企業様がご活用頂けます。

今回ご紹介した制度はIT業界に限らず様々な企業様にご活用頂けます。 従業員のITスキル向上は御社ビジネスの更なる効率化や発展を可能とします。 助成金の活用方法、教育訓練計画等をご検討の際には お気軽にSAK担当までお問い合わせ下さい。

SAKの法人研修メニュー
SAKの法人研修 2015年新卒向け研修
カスタマイズコース 法人向け合同研修サービス
法人研修実績の一覧 助成金を利用した研修の例